クレンジングクリーム

クレンジングは肌に大きく負担をかけるものです。

そのためメイクがよく落ちれば良いというものではなく、肌への刺激やダメージを最小限に抑えることがポイントとなります。

 

クレンジングと界面活性剤の関係

クレンジングとは、界面活性剤で油性の汚れを落としていくものです。

 

メイクアップ料は油性なので、水や洗顔料だけではすっきり落ちません。

そのため、油分を「乳化」して落としやすくする必要があります。この乳化を助けるのがクレンジング料に含まれている「界面活性剤」です。

 

この界面活性剤とは、油と水など性質の違うものどうしの境界面(=界面)に吸着し、界面張力を低下させ、お互いを混ざりやすくする物質であり、少なからず肌に刺激を与えます。

 

ちなみに石鹸にも似たような洗浄力がありますが、石鹸の洗浄成分は界面活性剤ではなく、石鹸成分となりますので異なります。

 

タイプ別クレンジング料の特徴

クリーム

油分と水分のバランスがよく、メイクの汚れを浮かせやすいです。またクリームには適度な硬さがあるため、クレンジングをするときにクッションとなり、肌を強くこすらずにすむところもメリットです。ただし、もちろんモノによって内容にバラつきはあります。

 

ミルク

水分が多くてメイクになじみにくいため、洗浄力は弱めで、濃いメイクの人には向きません。ミルクというと肌にやさしいように聞こえますが、化粧品でいうミルクとは油分と水分を界面活性剤で乳化させたものなので、必ずしも肌に優しいわけではありません。

 

ジェル

乳化していない透明ジェルタイプは、界面活性剤が多く含まれている場合が多いようです。ジェルタイプの中でも、乳白色のジェルなら適度に油分を含んでメイクになじみやすく、肌への刺激も比較的弱いです。

 

リキッド

油分が少ないのでメイクになじみにくく、それを補うために界面活性剤が多く含まれている可能性があります。またサラサラしているので、指で肌をこすってしまいやすいこともマイナスです。いずれにしても肌への負担は強くなりがちです。

 

オイル

油分が多くメイクアップ料にはなじみやすい代わりに、大量の油分を洗い流す必要があるため界面活性剤も多め。洗い流す時に素早く乳化するものほど界面活性剤が多いと考えてください。クレンジングをするときに、指の摩擦が肌に強くかかりやすいことも肌にとってマイナスです。

 

ふきとり

メイクを浮かせる油分をほとんど含まないため、界面活性剤が多めです。したがってクレンジングの中でも刺激は強めです。ふきとる時の摩擦で肌に傷がつきやすいのもデメリット。手軽に使えて便利ですが、毎日使うのはやめましょう。

 

大人ニキビにはクリームタイプのクレンジングがおすすめ

クレンジング料

クレンジングをする時、肌をこする刺激も肌を傷める原因となります。

そのため、指の摩擦が強く肌に伝わりやすい形状のものは避けた方が良いです。

クレンジング料は、その「形状」が刺激の強さを図るための目安になります。

総合的にみて、大人ニキビにおすすめのクレンジングは「クリームタイプ」です。

適度にメイクの汚れを落とすことができ、比較的刺激も少なく済みます。

 

HANAオーガニックのクレンジングは大人ニキビ肌におすすめ

管理人おすすめのクレンジングは「HANAオーガニックのピュアリクレンジング」です。

ピュアリクレンジングは一番刺激の少ない「クリームタイプ」です。

 

 

洗浄成分で最も肌に影響を及ぼす石油系の界面活性剤を一切排除し、天然由来の食品にも使われている5種の界面活性剤と、美容成分たっぷりの4種のオーガニックオイルを独自の配合比で組み合わせてつくられています。

 

オーガニックのクレンジング料というと「洗浄力が弱そう」と心配になるかもしれませんが、HANAオーガニックのピュアリクレンジングなら、100%天然のオーガニック処方でありながら、メイクを「しっかり」落としてくれます。

たっぷりと使用することで肌への摩擦が少なくなり、メイクや毛穴汚れもやさしく落としてくれ、大人ニキビ肌に良いだけでなく、毛穴レスの肌を育ててくれます。

 

大人ニキビを治すにあたり、スキンケアで一番見直すべきところはクレンジングです。

肌に良いクレンジング料に変えるだけで、肌の土台が生まれ変わり、あなたの肌はもっともっと綺麗になります!

 

大人ニキビにHANAオーガニック