洗顔料は「うるおい成分配合」や「弱酸性」でなくてもよい

大人ニキビの予防改善におすすめの洗顔料

美容成分はすすぎの時に流れてしまう

洗顔料には「ビタミンC」「美白成分」「保湿成分」など、様々な成分を配合したものがあります。

これらは一見すると肌に良いように思えますが、洗顔料は洗い流すものなので、大半の成分はすすぎの時に流れてしまいます。

ヒアルロン酸やセラミドなどの「うるおい成分」を配合したものも最近はみかけますが、これらも残念ながら流れてしまい、肌にはほとんど残りません。

肌はすすぐと中性になる

また「弱酸性」の洗顔料もよくみかけます。

健康的な肌のpH値(※)は弱酸性なので、一見すると良さそうです。

でも洗い流す水は中性であり、すすぎ終わった時には肌は中性になります。

そして洗顔後に弱酸性の化粧水をつければ肌は自然と弱酸性になるので、洗顔料は弱酸性である必要はないんです。

(※)pH値とは、アルカリ性か酸性かを示す数値のことです。

pH値は0~14まであり、7.0が中性で、これより高いものはアルカリ性、低いものは酸性となります。

健康な肌のpH値は4.5~5.5くらいの弱酸性で、皮脂は酸性のため、オイリー肌の方がより酸性に傾きやすい傾向にあります。

油分が多いものはスキンケアの妨げに

さらに「洗いあがりしっとり」の洗顔料。

こういった洗顔料の多くは油分を多量に含んでいます。

油分はすすいでも油膜のように肌に残るため、しっとりしているように感じますが、その油膜のせいで、洗顔後に水溶性の美肌成分をつけても浸透しにくくなり、スキンケアを妨げてしまいます。

洗顔の目的はあくまでも皮脂汚れをしっかり落とすことなので、色々な広告宣伝に惑わされず、洗浄力で選ぶようにしてください。

洗顔料の特徴比較

浴用の固形石鹸タイプ

昔ながらのシンプルな固形石鹸は、余分な成分を含みません。

肌がつっぱりすぎない適度な洗浄力で、余分な油分を残さないものを選びましょう。

洗顔石鹸タイプ

乾燥肌の人には、浴用の固形石鹸より洗浄力が弱めで肌がつっぱりすぎない、洗顔石鹸がおすすめです。

クリームタイプ

肌に優しいイメージがありますが、しっとりタイプの場合は約30%もの油分を含むものもあり、肌に油分が残ります。

リキッドタイプ

クリームタイプと同様に、しっとり系のリキッドタイプの洗顔料は油分が多め。

洗浄力は弱めのものが多いと感じます。

泡タイプ

強い界面活性剤を含むものや、泡を固めるために発泡剤を多く配合している場合があります。

肌への刺激にはばらつきがあり、選ぶのが難しいです。

パウダータイプ

パウダータイプのなかでも、酵素洗顔料は洗浄力が強めのものもあるので、乾燥肌や敏感肌の人は注意。

それ以外のものは、洗浄力が弱めのものが多いです。

大人ニキビにおすすめの洗顔料は固形の洗顔石鹸

大人ニキビおすすめ洗顔石鹸

上記のように洗顔料には、クリーム、泡、パウダーなど色々な形状のものがあり、迷いますよね。

結論からいうと、選ぶポイントは形状ではなく、成分。

余分な成分を含まず、しっかり汚れを落とすことのできるものが最適です。

そして総合的にみて固形の洗顔石鹸がおすすめです。