《目次》

  1. クレンジング・メイク編 ←実践記1
  2. 食事・おやつ編 ←今ココです
  3. 睡眠・生活習慣編 ←実践記3
  4. ヘアケア編 ←実践記4
  5. スキンケア編 ←実践記5

 

大人ニキビの治し方3:毎朝一番はじめに口にするのは白湯

白湯は最強のデトックスドリンク

大人ニキビの治し方3

水を沸騰させてから80℃くらいに冷ましたお湯が「白湯」です。

最近は美容に力を入れているモデルさんたちもよく白湯を飲まれていますが、インドの伝統医学アーユルヴェーダでも、白湯は体内にたまった毒素を体内に排出して浄化してくれる“最強の毒出しドリンク”とされています。

 

また身体が冷えていると身体は生命維持のために肌ではなく臓器に血液や栄養を送りますし、他の排出器官も上手く作用しなくなるので、老廃物が肌に集められ、ニキビもできやすくなります

 

つまり体を温める白湯を飲むことで、冷えによるニキビの可能性も潰すことができ、一石二鳥です。

 

白湯の効果的な飲み方

体内からのニキビ改善

朝起きたら一番はじめに白湯をまず1杯飲みます

 

夜のうちにたまった毒素を洗い流し、消化を促してくれます。

最初は味気なくて飲みにくいと感じるかもしれませんが、2~3日すれば気にならなくなります。

 

目安は1日に5杯、合計で約1リットル飲むのが理想的ですが、無理する必要はありません。

朝のコップ1杯の白湯だけでも身体が変わっていくのを実感できます。

 

とても手軽ですし、継続も難しくありません。

ぜひ今日から取り入れてみてください。

 

なお沸騰したお湯に冷水を入れて温度を下げるのは白湯ではないので、やめて下さいね。

アーユルヴェーダ的には自然要素のバランスが崩れ、毒出しドリンクとしての白湯の効果がなくなります。

 

大人ニキビの治し方4:食べ物は質にこだわれば間食もOK

ニキビに効く食べ物と悪い食べ物

ニキビに効く食べ物とは

肌はあなたの食べた物でできている”ので、食生活も大人ニキビを治すにはとても大切です。

 

ただ私は食べることは好きなので、食事量を減らすことはしたくありませんでした。

それよりも、食事の「」にこだわることで肌が変わっていきました。

 

といっても無農薬野菜ばかり食べたとかではなく、トランス脂肪酸・添加物・化合物が含まれているものや、酸化する油ものを極力食べないように気をつけたぐらいです。

 

たとえば

  • トランス脂肪酸に関しては、マーガリンではなくバターを使う
  • 添加物や化合物に関しては、昼食にコンビニのおにぎりを購入するのはやめて、おにぎりだけは手作りし、おかずだけ購入する
  • 酸化する油ものに関しては、スナック菓子は食べないで和菓子にする

 

私は料理が得意ではありませんし、仕事も忙しいので昼食はいつもコンビニでした。

でも、ご飯を白米から雑穀米に変えるなど、少し意識を変えて食べるものを選択するだけで、肌は変わっていきました。

 

ニキビを治すためのおすすめドリンク

食事の際の飲み物は白湯ルイボスティーに変えました。

 

ルイボスティーはビタミンB1やビタミンB2だけでなく、ミネラルも豊富に含まれているので、女性には特におすすめです。

 

私はカモミールティーなどのハーブティーは苦手なのですが、ルイボスティーはクセがないので、初めての方でも飲みやすいです。

最近はスーパーでも置いてあるお店が増えているので、入手もしやすくなりましたね。

 

おやつはドライフルーツに

ニキビを治すためにおやつはドライフルーツ

甘いものが食べたい時や、小腹がすいて間食したい時はありますよね?

そんな時のために、私はドライフルーツを持ち歩くようになりました。

 

ドライフルーツは天然の甘味がありますし、乾燥により歯ごたえもあるので食べ応えもあります。

 

ただ中には砂糖がまぶされているものや、色味をよくするために漂白剤が使われているものもあります。

そのためオーガニックショップで成分表だけは確認して、余分なものが何も含まれていないものを購入していました。

 

大人ニキビの治し方おやつ編

ちなみに私のお気に入りは「デーツ(なつめやし)」です。

中東などでは、デーツは断食明けの一口目に食されるほどで、甘みが強く栄養価も高いので、空腹感を満たし、長時間にわたる断食の後の胃の調子を一時的に整えてくれる優れものです。

赤黒い色をしているので、見た目は食欲をそそりにくいですが、とても甘くて美味しいです。

大人ニキビの治し方 実践記3へ→